相性補完の王道 ポケットモンスターウルトラサンムーン 7世代で強力な並びと崩し方まとめ シングルレート ポケモンUSUM

相性補完の王道 ポケットモンスターウルトラサンムーン 7世代で強力な並びと崩し方まとめ シングルレート ポケモンUSUM

ろうじん
ろうじん

こんにちは。ブログとYouTubeで活動しております。『ろうじん』と申します。

今回は7世代で主に使われた相性補完の組み合わせをまとめたいと思います。
(7世代以前で現在でも使われる並びも含む)

私自身も選出時に結構見落としがちなのでよく出る組み合わせとそれに対する回答をまとめていきたいと思います。

今回まとめるのはあくまで相性補完の組み合わせです。天候パや起点+積み構築などの縦の並びは除外させていただきます。(例、バンドリ、カバリザ等)

コケコランド(+鋼)

7世代現在でも1、2を争うレベルで遭遇。
コケコの弱点である地面をランドの飛行で補完する並びである。この2体で相性補完は不完全ですがコケコランドは蜻蛉、ボルチェンを習得するためランドの威嚇を絡めやすくサイクルの回転率は高め。
現環境トップクラスに位置するミミッキュにも比較的強めな組み合わせだと言える。

ノーマル、草、氷、超、岩、鋼、妖の一貫を切るため、3枠目にメタグロス、ハッサム、テッカグヤ等の鋼タイプが置かれることが多いため、コケコランドの並びを見つけた場合は鋼枠が何なのかを確認する必要がある。

一貫タイプノーマル、炎、水、草、氷、超、岩、霊、鋼、妖

コケコランドへの回答

この並びへの回答としては炎、水、霊が一貫しやすいため、
めざ氷を習得したバシャーモヒートロトムウルガモス等の炎タイプ

ランドまたは鋼を起点に一舞したメガギャラドス、雨下のメガラグラージ等が比較的通しやすく回答になりえる。

鋼枠がテッカグヤ以外の場合はコケコと鋼で隙を作りやすいためゴーストZギルガルドで容易に崩すことが可能。

また、鋼枠は鈍足が多いためハサミギロチンを習得したHDグライオンもコケコランドへの回答として申し分ないと言える。

ドヒドブルル(+鋼)

7世代が生んだ強力な相性補完の組み合わせである。
ブルルの4倍弱点である毒をドヒドで補完、ドヒドの弱点である地面をブルルの特性グラスフィールドで半減させることが可能。再生効果もあり、非常に強固な相性補完と言える。

ノーマル、飛行、超、岩の一貫を切るため、3枠目にヒードランギルガルド等の鋼タイプを置かれることが多い。

一貫タイプノーマル、飛、超、岩、霊

ドヒドブルルへの回答

この並びへの回答としては飛、超、霊が特に一貫しやすいため、
ブルルを起点に舞ったメガボーマンダ

受け出しに来た鋼を強引に突破できるエスパーZまたはメガネ持ちカプ・テテフ

2サイクル目以降に少し削れたドヒドイデを崩しやすいゴーストZギルガルド

また、ブルルの毒4倍弱点から崩しを入れるのであればヘドロウェーブを習得した霊獣ボルトロスなども回答として申し分ないと言える。

受け気味のサイクルのため滅びゲンガーも非常に刺さりやすいと言えるだろう。

テッカガブ

こちらは7世代初期のバンク解禁前に大流行した並びである。
カグヤの弱点である電気をガブで補完、ガブの弱点である竜、妖をカグヤで補完する並び。

一貫タイプ水、氷、闘、霊、悪

テッカガブへの回答

この並びへの回答としては上記の中でも特に水、氷が一貫しやすいため、
水or悪Zゲッコウガや氷の牙持ちのメガギャラドス

めざ氷持ちの霊獣ボルトロス
などが比較的安定して通しやすいと言える。

また、ガブリアスに弱点を取られやすくなりますがめざ氷を習得した炎タイプ全般も回答として申し分ないと言えるだろう。

マンダレヒレ

現在でもかなりの頻度で見かける相性補完です。
マンダの氷4倍弱点をレヒレで補完、レヒレの弱点である草をマンダが1/4で受けることが可能な組み合わせ。

起点作りとしてマンムーやカバルドン等の地面タイプと組み合わされることが多いが今回は補完への回答というテーマなので起点に関しては除外。

一貫タイプノーマル、電、毒、飛、超、岩、霊、鋼、妖

マンダレヒレへの回答

この並びへの回答としては上記の中でも特に電気と妖が通しやすいため、
どの型でもマンダレヒレにタイプ一致弱点を取れるカプ・コケコやマンダから崩しやすいめざ氷霊獣ボルトロス

妖の一貫から行動補償のあるミミッキュも比較的通しやすい。

また、マンダの上を取れる草Zを持たせたゲッコウガなどもこの補完を崩しやすいと言える。

ナットレヒレ

こちらはバンク解禁初期に多く、現在もチラホラと見られる並び。
ナットの火4倍弱点をレヒレで半減、レヒレの電気、草の弱点をナットで補完した並び。
第5世代によく見られたナットゲルの亜種のような存在。

一貫タイプ地、飛、霊

ナットレヒレへの回答

この並びへの回答としては上記の中でも特に飛行が通しやすいため、
ナットを起点にして舞ったメガボーマンダ(炎技があると更に崩しやすい)

ソーラービームを覚えた一般的なメガリザードンY

めざ炎を習得したメガフシギバナモロバレルジャローダ等の特殊草全般

聖なる剣を習得したカミツルギ

等の草タイプでも崩しやすい。

また、ナットレヒレと共に3枠目に置かれやすいマンダまで見れる格闘Z霊獣ボルトロスなども回答として申し分無いだろう。

ポリグライ

7世代以前から存在する強力な組み合わせ。
ポリ2の唯一の弱点である格闘をグライで補完した並び。
一貫タイプは多いもののポリゴン2には自己再生、グライオンには羽休め、ポイズンヒールによる再生技や特性があるため非常に崩すことが困難な並び。

また、相性補完の組み合わせに対して通しやすい霊の一貫を切れる数少ない並びでもある。ギルガルドには滅法強いためこの並びを見つけた場合一般的な型のギルガルドの選出は極力避けるべきである。

一貫タイプノーマル、炎、水、草、飛、超、岩、竜、悪、鋼、妖

ポリグライへの回答

この並びは非常に強固で1ウェポンで崩すことは困難。
強いて可能なポケモンをあげるとすれば高火力エスパーのカプ・テテフ

サブウェポンを絡めた場合はめざ氷を習得し、格闘Zを持たせた霊獣ボルトロス

めざ氷を習得したバシャーモ

火力で押し切るならめざ氷持ちメガリザードンY

冷凍パンチを習得したメガルカリオ

等が崩しやすい。

この並びは再生技と特性を備えているため非常に対策が困難であるがどちらも持ち物に依存するため、叩き落とすを習得するバシャーモランドロス等をサイクルに絡めると格段に崩しやすくなるだろう。

挑発を習得したメガギャラドスで強引に突破するのも一つの手と言える。

また、受け気味のサイクルのため、滅びゲンガーも比較的有効カードと言える。

ポリグライの対策についてより深く知りたい方は下記の記事へ

バナマリルリ(+鋼)

マリルリに妖が追加されたことにより6世代から現在まで使用される耐久と火力、加えて相性補完それぞれのバランスが取れた非常に強力な並び。
かくいう私もこの並びに魅了された一人である。

飛行の一貫を切るため3枠目にギルガルドやテックグヤ等の鋼タイプを置かれることが多い。

一貫タイプノーマル、毒、地、飛、超、岩、霊、鋼

バナマリルリへの回答

この並びへの回答としては上記の中でも特にノーマル、飛、超、霊が通しやすいため、

ノーマルZポリゴンZなどの高火力ノーマルポケモンが非常に刺さりやすく、後続がギルガルドであればポリゴンZのみで対策可能。

飛行も一貫しやすいため、鋼を処理すればメガボーマンダも比較的通しやすいと言える。

エスパーも同様にこの並びに対して容易に技を通すことが可能なため、カプ・テテフで対策可能

バナマリルリどちらからでも積みの起点にすることができる物理剣舞ギルガルドも回答としてオススメ。

また、地面も一貫するため飛行Zランドロスならば相手に悟られることなく奇襲をかけることができる。Z技を使った後も地面が通るので容易にバナマリルリ崩すことができる。

サザンガルド

言わずと知れた名コンビ。
この2体であらゆる攻撃を半減以下で受けることができる。
一見完璧な相性補完に見えますが、サザンドラが現環境に適応させ辛くギルガルドに役割が集中し過ぎるため、扱いが非常に難しい。

一貫タイプ無し

サザンガルドへの回答

この並び一見して弱点が無いように見えるが対応策は意外に多い。
一般的な逆鱗持ちガブリアス、地震を習得したカイリュー等のドラゴンタイプ
一般的な型のミミッキュ
悪の波動、冷凍ビーム持ちの最もメジャーなゲッコウガ
炎、格闘でどちらでも弱点の取れるバシャーモ
炎、虫でどちらでも弱点の取れるウルガモス
竜、炎でどちらでも弱点の取れるメガリザードンX
めざ氷、炎でどちらでも弱点の取れるメガリザードンY
氷の牙と地震またはかみくだくを習得したメガギャラドス

等、あげれば切りがなく、大半は現環境のトップに位置するポケモン達ばかりで対策可能なため、適当に選出してもなんとなく対策ができてしまう。
意外に脆い相性補完だと言える。

正直7世代の環境に全くと言っていいほど適応できていない組み合わせであるが、『弱点なし』というこのワードに魅了されて現在でも一定数存在する並びであるため押さえておくべきだろう。

クレセドラン

6世代最強格の並び、現在では激減しましたがそれなりに現れる有名な並びなので押さえて置いて損は無いだろう。
補完も取れているが何より準伝説2体で構成された高種族値による受け回しの安定感は評価できるポイントと言える。

霊の一貫を切るためメガ枠兼、ノーマルのメガガルーラが3枠目に置かれることが多い。

一貫タイプ水、電、岩、霊

クレセドラン回答

この並びへの回答としては上記の中でも特に水、電、霊が通しやすいため、

クレセドランに一致弱点を取れる一般的なゲッコウガ

電気の一貫から霊獣ボルトロスカプ・コケコ等もサイクルの中でボルトチェンジを絡めやすいため、比較的有効なカードとなりえる。

また、クレセリアが隙を作りやすいのでギルガルドをクレセに後投げし、ドランに負担をかけていくのも非常に有効である。

また、挑発を覚えたカプ・レヒレも非常に有効。瞑想もあればこの2体をたった1匹で処理することもそう難しくは無い。

ドランドラン

現在は随分と減りましたが不意に現れると厄介な並び。
ヒードランの特殊耐久とヤドランの物理耐久、加えてヒードランの弱点である水をヤドランで受け、ヤドランの弱点である草を1/4で受けれる並び。

ヒードラン弱点である格闘、地面等は物理が多く、ヤドラン弱点の草や電気は特殊が現環境から相性補完を抜きにしても非常に受け回しやすい並びと言えます。

地面が一貫するため3枠めにランドロス入れた『ドランドランド』構築を私も使用した経験があります。(構築名の語呂が良い)

一貫タイプ電、地、岩、霊、悪

ドランドランへの回答

この並びへの回答としては上記の中でも特に電、霊、悪が通しやすいため、

一般的なカプ・コケコボルトロス等の電気タイプ

メガゲンガーギルガルド等のゴーストタイプも差ほどこ拘った型でなくても対策可能。

悪の一貫からゲッコウガサザンドラ等も有効な回答と言えるだろう。

また、地震持ちのメガフシギバナ等でも対策可能。

需要があれば続きを書きたいと思います

ろうじんのツイッター→@rouzinpoke

USUM対戦考察カテゴリの最新記事