一際器用なエラがみマン カムラのみ みがわり ウオノラゴン 育成論 ポケモン剣盾 ポケットモンスター ソードシールド

一際器用なエラがみマン カムラのみ みがわり ウオノラゴン 育成論 ポケモン剣盾 ポケットモンスター ソードシールド
カムラみがわりウオノラゴン 育成論
カムラみがわりウオノラゴン 育成論

ろうじん
ろうじん

こんにちは。ブログとYouTubeで活動しております。『ろうじん』と申します。

今回は現環境で通じる『一際器用なウオノラゴン』をご紹介したいと思います。

育成概要

カムラみがわりウオノラゴン
カムラみがわりウオノラゴン

ウオノラゴン
型名カムラみがわりウオノラゴン

技構成
エラがみ
げきりん
みがわり
がんせきふうじ

持ち物カムラのみ
特性がんじょうあご
性格ようき

H,A,B,D,S 全て個体値31とする。(C抜け推奨)

HP攻撃防御特攻特防素早さ
努力値4252000252
実数値166142120100※139

※カムラのみ発動で素早さ1.5倍状態での実数値は『208』。

AS特化、余りH4で偶数調整、余りB4 or D4で奇数調整。

みがわり3回でカムラのみを発動させる場合はHPを偶数調整。
みがわり4回でカムラのみを発動させる場合はHPを奇数調整。

型のコンセプト

こだわりウオノラゴンと異なり、カムラのみを採用することで技の打ち分けと素早さ上昇による抜き性能の両立を目指した型。

カムラみがわり型採用する利点

こだわりウオノラゴンが弱点とするカウンターや現環境に多いカビゴン、コータス等の低速あくび持ちポケモンに対して明確なアドバンテージを得ることが可能。

スカーフウオノラゴンと異なり技の打ち分けが可能になるため、素早さ上昇時の抜き性能を上昇させるメリットがある。

技構成と与ダメージ

エラがみ威力:85(先行で170)
ダイストリーム威力:130

エラがみ
仮想敵割合
H252 ギルガルド 76~90.4%(確定2発)
HB特化 バンギラス122.7~144.9%(確定1発)
HB特化 バンギラス (ダイマックス)61.3~72.4%(確定2発)
HB特化 ドサイドン (ハードロック)151.3~179.7%(確定1発)
H252 B4ドサイドン (ダイマックス・ハードロック)91.8~109.4%(乱数1発)
HB特化 ドサイドン (ダイマックス・ハードロック)75.6~89.8%(確定2発)
HB特化 ヌオー74.2~87.6%(確定2発)
HB特化 アーマーガア63.4~75.1%(確定2発)
HB特化 カバルドン116.6~132.0%(確定1発)
H252 ウォッシュロトム50.9~60.5%(確定2発)

タイプ一致メインウェポンのため確定。

カムラのみの素早さ上昇効果と相性が良く、採用しない理由はない。

げきりん威力:120
ダイドラグーン威力:140

げきりん
仮想敵割合
B4 サザンドラ104.1~123.3%(確定1発)
B4 サザンドラ(ダイマックス) 52~61.6%(確定2発)

水の通らないドラゴンに対する打点。

タイプ一致でエラがみとの補完も優れているため採用。

CSベースのサザンドラであれば基本的にげきりんで確定1発を取ることが可能。

みがわり威力-
ダイウォール威力-

本論の核となる技のため確定。

カムラのみを発動させる際にHPを調整する目的で使用する。

こだわりウオノラゴンが誘発しやすいカウンターや低速あくび持ちポケモンに対してみがわりから入ることで明確なアドバンテージを得ることが可能。

みがわりを置いたターンにカムラのみを発動、素早さ関係を逆転させることができればエラがみの威力が上昇し、様々なシナジーが期待できる。

上を取っている場合は相手のダイマックスターンを消化させる動きやこちらがダイマックスした際にダイウォールとしても使用することが可能。

がんせきふうじ威力:60
ダイロック威力:110

素早さ関係を逆転させることが可能な岩技。

こだわりウオノラゴンと異なり技の打ち分けが可能なため、岩石封じで素早さを逆転させエラがみを上から通す動きが可能。

カバルドン+ミミッキュの様な並びに対してみがわりから入り、エラがみでカバルドンを突破する。みがわりが残るため後続のミミッキュに対しても岩石封じで化けの皮を剥がしつつ素早さ関係を逆転させればカバルドン+ミミッキュをウオノラゴン単体で突破することが可能となる。

選択技候補

サイコファング

壁展開の阻害。

現環境に多いキョダイマックスラプラスに対しての牽制として採用の余地有り。

受ダメージ

非ダイマックス時
仮想敵割合
陽気A252珠 ミミッキュじゃれつく93.9~112.6%(乱数1発)
意地っ張り A252 珠ミミッキュじゃれつく104.8~123.4%(確定1発)
陽気A252 珠 ミミッキュかげうち21.0~25.9%(乱数4発)
意地っ張りA252 珠ミミッキュかげうち23.4~28.3%(乱数4発)

ダイマックス時
仮想敵割合
陽気AS珠ミミッキュじゃれつく46.9~56.3%(乱数1発)
意地っ張りAS珠ミミッキュじゃれつく52.4~61.7%(確定1発)

主な役割対象

バンギラス
ドリュウズ
カバルドン
ドサイドン
ヒートロトム
エースバーン
カビゴン
コータス
ブラッキー

その他、カウンター持ち、あくび持ち低速ポケモン。

YouTube 実践動画

一際器用なエラがみマン カビキラー型 ウオノラゴン 育成論

余談

ろうじん
ろうじん

現環境に蔓延するあくび/カウンター持ちカビゴンやカウンターエースバーンに対して明確なアドバンテージを得ることが可能です。

こだわりウオノラゴンの弱点となるカウンターを防げるため、従来のウオノラゴンと真逆の性能で相手を翻弄することが可能となります。

カバルドン+ミミッキュの様な並びに滅法強く、自身の素早さや相手の素早さを器用にコントロールする立ち回りが可能です。

技の打ち分けが可能なため、カムラを上手く発動させることができればスカーフウオノラゴン以上の抜き性能が期待できます。

※【重要】当ブログ内の記事全文をコピーペーストまたは改変して外部サイトに掲載する行為はお辞めください。確認次第こちらで相応の対応をとらせていただきます。
参考にして記事を投稿する場合は該当記事のURLに『引用符』を付けて掲載していただくようにお願いします。

オススメ関連記事

ポケモンブログほぼ毎日更新チュウ!
ろうじんのツイッター→@rouzinpoke

ソードシールドカテゴリの最新記事