【予測不可能対策不可能!】でんきだま なげつける ドリュウズ 育成論 ポケモン剣盾 ポケットモンスター ソード シールド

【予測不可能対策不可能!】でんきだま なげつける ドリュウズ 育成論 ポケモン剣盾 ポケットモンスター ソード シールド

でんきだま なげつける ドリュウズ 育成論
でんきだま なげつける ドリュウズ 育成論
ろうじん
ろうじん

こんにちは。ブログとYouTubeで活動しております。『ろうじん』と申します。

今回はドリュウズの中でも一際異質な型のドリュウズを紹介したいと思います。

育成概要

でんきだま なげつける ドリュウズ
でんきだま なげつける ドリュウズ

ドリュウズ
型名でんきだま なげつけるドリュウズ

技構成
じしん
なげつける
アイアンヘッド
ステルスロック

持ち物でんきだま
特性かたやぶり
性格ようき

H,A,B,D,S 全て個体値31とする。(C抜け推奨)

HP攻撃防御特攻特防素早さ
努力値01720084252
実数値1851778096154

型のコンセプト

ドリュウズに『でんきだま』と『なげつける』を採用することで起点作成と麻痺による素早さコントロールを目的とした型。

電気玉投げつける型を採用する利点

中速アタッカーであるドリュウズに『でんきだま なげつける』を採用することで自身の素早さを補うことが可能。更に素早さ補うことで『アイアンヘッド』を上から通す動きが可能となる。

麻痺+怯みによって強引な対面処理パターンを作り出すことができる。

更に『麻痺+ステルスロック』によって最低限の起点作成が可能となる。

技構成と与ダメージ

じしん威力:100
ダイアース威力:130

タイプ一致メインウェポンのため確定。

現環境のロトム等の浮遊持ちは型破りによって弱点を突けるため、特性とのシナジーが非常に高く採用しない理由は特にない。

なげつける威力:30 (でんきだま)
ダイアーク威力:100

本論の核となる技のため確定。

電気玉を投げつけることで電気タイプと一部特性持ちの例外を除き、確定麻痺させることが可能。地面タイプにも麻痺が入るため、投げられやすいカバルドン等の後投げに対しても有効に機能する。

後述する『アイアンヘッド』や『ステルスロック』とのシナジーも高く、麻痺+怯みによって強引な対面処理パターンを作り出すことができ、同時に起点を作成することが可能。

予想外の対面から麻痺技が飛んでくるため、こちらが試合展開をコントロールできる点が最大の強みとなる。

アイアンヘッド威力:80
ダイフェアリー威力:130

タイプ一致メインウェポンのため確定。

前述した『でんきだま なげつける』と相性が良く、中速アタッカーであるドリュウズの素早さを麻痺によって補うことでアイアンヘッドの怯みを最大限に活かすことが可能。

麻痺+怯みによって低速受けポケモンや不利対面を強引に突破することが可能。

ステルスロック威力-
ダイウォール威力-

起点作成を軸とした場合に採用。

前述した『でんきだま なげつける』と共に使用することで、『麻痺+ステルスロック』による起点作成が可能。

麻痺によって素早さ関係を逆転させることで余程の不利対面を取らない限り、最低限2ターンは行動可能。

(※起点特化型にする場合耐久に大きく努力値を割き、行動保証を持たせても良い。)

選択技候補

いわなだれ

呼びやすい飛行タイプに対する役割破壊技。

対面性能を上昇させる場合は技範囲を取って岩打点を採用する。

電気玉投げつけると相性が良く、アイアンヘッド同様に麻痺+怯み戦法が可能。

がんせきふうじ

起点作成を重視する場合に採用。

電気玉投げつける自体が素早さを下げる技となるため、技の役割が被るという点からも優先度がやや低い。

じならし

起点作成を重視する場合に採用。

こちらも岩石封じ同様の理由で優先度はやや低い。

更に地面技となるため岩技と異なり、無効タイプが存在するため岩石封じを差し置いて採用する理由は特にない。

どろかけ

起点作成に振り切る場合に採用。

タイプ一致で且つ相手の命中率を100%の確率で1段階下げることが可能なため、裏の身代わり持ちに繋ぐ場合は有効に機能する。

一方で『すなかけ』と異なり飛行タイプには無効となるため、相手の裏に飛行タイプが控えている場合は有効に機能しない展開も多い。

受ダメージ

仮想敵割合
下降補正 無振り 珠ドラパルトだいもんじ82.7~98.3%
無補正 C252 サザンドラだいもんじ82.7~98.3%

上記のようにDに耐久を少し割くことで一定数存在する意地っ張り珠ドラパルトの大文字や最もスタンダードな無補正C252サザンドラの大文字に対して行動保証を持つことが可能。

電気玉投げつけるを絡めることでドラパサザンに対して2回行動を取ることができる。

主な役割対象

ロトム系統
ジュラルドン
パッチラゴン
ニンフィア
ミミッキュ
ギルガルド
オーロンゲ
バンギラス

YouTube 実践動画

【予測不可能!対策不可能!】『でんきだま ドリュウズ』をご存知でない?

余談

ろうじん
ろうじん

意外にも技それぞれに高いシナジーが有り、麻痺+ステルスロックによる起点作成に加えて、麻痺+怯みによる強引な対面処理パターンを作り出すことが可能です。

耐久に大きく努力値を割いて起点特化にするも良し。
技範囲を取って対面性能を上げるも良し。

ドリュウズに絡め手を加えることでこれまで以上に器用な立ち回りが可能となります。

※【重要】当ブログ内の記事全文をコピーペーストまたは改変して外部サイトに掲載する行為はお辞めください。確認次第こちらで相応の対応をとらせていただきます。
参考にして記事を投稿する場合は該当記事のURLに『引用符』を付けて掲載していただくようにお願いします。

ソードシールドカテゴリの最新記事