【遂行速度重視】チイラのみ キョダイマックス カビゴン 育成論 ポケモン剣盾 ポケットモンスター ソード シールド

【遂行速度重視】チイラのみ キョダイマックス カビゴン 育成論 ポケモン剣盾 ポケットモンスター ソード シールド
チイラのみ カビゴン 育成論
チイラのみ カビゴン 育成論
ろうじん
ろうじん

こんにちは。ブログとYouTubeで活動しております。『ろうじん』と申します。

今回は遂行速度を意識したカビゴンを考察していきたいと思います。

育成概要

チイラのみ カビゴン
チイラのみ カビゴン
カビゴン (キョダイマックス)
型名チイラのみ カビゴン

技構成
のろい
ヘビーボンバー
ヒートスタンプ
すてみタックル

持ち物チイラのみ
特性くいしんぼう
性格いじっぱり

H,A,B,D,S 全て個体値31とする。(C抜け推奨)

HP攻撃防御特攻特防素早さ
努力値4252244044
実数値23617811613151

HP偶数調整、同速意識S4振り、遂行速度重視A特化。

型のコンセプト

キョダイマックスカビゴンに『チイラのみ』を採用することで遂行速度の上昇を目指した型。

チイラのみ型を採用する利点

『チイラのみ』の攻撃上昇によって役割対象への遂行速度の上昇に加え、ダイマックス状態での打ち合いの中で攻撃を上昇させることが可能。

タイプ一致最大打点となる『キョダイサイセイ』とのシナジー。

後攻で攻撃することが主となるカビゴンと『チイラのみ』は相性が良くダメージを受け、後攻で攻撃上昇したターンに高火力ダイマックス技を押し付けることが可能。

ダイスチルの防御上昇ターンと同時に『チイラのみ』による攻撃上昇が可能なため、『のろい』を積めない試合展開で遂行速度の上昇が期待できる。

技構成と与ダメージ(チイラ発動後)

のろい威力-
ダイウォール威力-

攻撃、防御上昇によるダイマックス後の抜き性能を期待する場合は採用。

高耐久、低火力ポケモンなど積みの隙を作りやすい相手に対して崩しを意識する場合に使用する。

チイラのみ+ダイスチルでも能力上昇が期待できるため、技範囲を取る場合は攻撃技に変更可。

すてみタックル威力:120
キョダイサイセイ威力:140

遂行速度を意識した本論ではノーマル技に『すてみタックル』を採用する。

命中が安定し、威力が『ギガインパクト』の次に高いノーマル技。

木の実を持たせているため、反動ダメージが必ずしもデメリットになる訳ではない。自ら食いしん坊圏内にまでHPを削り、『チイラのみ』を発動させて対面を突破することも可能。

『キョダイサイセイ』の追加効果によってタイプ一致技を放ちつつ『チイラのみ』を再利用することが可能。

タイプが不一致で且つ威力が低下する『ダイナックル』とは異なり、高火力タイプ一致技を選択した上で攻撃上昇の追加効果が狙える点が最大の強みとなる。

ヒートスタンプ威力:40~120
ダイバーン威力:130

ノーマルタイプが呼びやすい鋼に対する役割破壊技。

カビゴンが習得する炎技最大打点のため本論では『ヒートスタンプ』を採用する。

威力は落ちるがダイマックスポケモンを意識する場合は『ほのおのパンチ』に変更可能。

※体重技のためダイマックスポケモンへは無効となる。

ヘビーボンバー威力:40~120
ダイスチル威力:130

無効タイプが存在しない鋼技で且つ、役割対象となるトゲキッスへの打点として採用。

『チイラのみ』と相性が良く、後攻ダイスチルで攻撃と防御上昇を同時に行うことが可能。『のろい』とは異なり、攻撃ターンに攻撃と防御上昇を同時に行うことができるため、本論の目的となる遂行速度上昇が期待できる。

カビゴンが習得する炎技最大打点のため本論では『ヘビーボンバー』を採用する。

ヒートスタンプ同様に威力は落ちるがダイマックスポケモンを意識する場合は『アイアンヘッド』に変更可能。

※体重技のためダイマックスポケモンへは無効となる。

ダイスチル(チイラ発動後)
仮想敵割合
H132 トゲキッス127.6~151.4%(確定1発)
H132 トゲキッス (ダイマックス)63.8~75.7%(確定2発)

選択技候補

DDラリアット

一貫しやすい悪技。

ドラパルト等への遂行速度を重視する場合に採用する。

じしん

高火力地面技。

接触技でないため、主にギルガルドのキングシールドに触れたくない場合に採用する。

主な役割対象

トゲキッス
バンギラス
ドリュウズ
ロトム系統
パルシェン
ナットレイ
ニンフィア
オーロンゲ

YouTube 実践動画

寝転がりながら攻撃上昇! ○○型カビゴンが強すぎる!!

関連動画

チイラのみカビゴン入り 2桁到達生配信

【232位〜91位】 強者への挑戦 part7 シーズン4 環境調査
【28位到達】強者への挑戦 part8 シーズン4 環境調査

余談

ろうじん
ろうじん

後攻で動くことが多いカビゴンとチイラのみの攻撃上昇効果は相性が良く、攻撃上昇ターンにそのまま対面のポケモンを処理する展開も少なくありません。

先行で攻撃し、次ターンに攻撃上昇するのとは訳が違うため相手に交代や技の打ち変えをする隙を与え辛いのが最大の強みとなります。

かなり攻めっ気の強い遂行速度を意識したカビゴンとなります。

回復木の実型と異なり、使い切りの有限となるため扱い方が若干難しい点には注意。

※【重要】当ブログ内の記事全文をコピーペーストして外部サイトに掲載する行為はお辞めください。確認次第こちらで相応の対応をとらせていただきます。
参考にして記事を投稿する場合は該当記事のURLに『引用符』を付けて掲載していただくようにお願いします。

オススメ関連記事

ソードシールドカテゴリの最新記事