【天才的発想!?】 首折れダメ最小調整 H抜け 襷ドレインパンチ ミミッキュ 育成論 ポケモン剣盾 ソード シールド

【天才的発想!?】  首折れダメ最小調整 H抜け 襷ドレインパンチ ミミッキュ 育成論 ポケモン剣盾 ソード シールド
襷ドレパンミミッキュ育成論
襷ドレパンミミッキュ育成論

ろうじん
ろうじん

こんにちは。ブログとYouTubeで活動しております。『ろうじん』と申します。

7世代で猛威を振るっていた襷ミミッキュですが、8世代で化の皮が弱体化を受け環境から完全に消えてしまうことになりました。

今回はこの襷ミミッキュが8世代でも使えないものか考察していこうと思います。

育成概要

襷ドレパンミミッキュ
襷ドレパンミミッキュ
ミミッキュ
型名襷ドレパンミミッキュ

技構成
かげうち
じゃれつく
つるぎのまい
ドレインパンチ

持ち物きあいのタスキ

特性ばけのかわ
性格ようき

役割対象の最速ドリュウズを意識して陽気最速を採用。

A,B,D,S 全て個体値31とする。(※HC抜け推奨)

HP攻撃防御特攻特防素早さ
努力値0252400252
実数値119142101125162

※HP実数値が低いほどドレインパンチの回復量も少なく済むためH抜け推奨。

HP個体値8~9で実数値119で首折れダメージ最小。

化の皮1/8ダメージ
HP個体値31の実数値130の場合16ダメージ
HP個体値0~9の実数値115~119の場合14ダメージ

上記のように化の皮ダメージを最小に抑えることでドレインパンチが通り辛い試合展開でも気合の襷による行動保証を確保しやすくなる。

例、初手とんぼがえりによる対面操作でアーマーガアなどの物理受けに引かれる試合展開で機能しやすく2サイクル目に繋ぎやすい。
YouTube実践動画2戦目のような試合展開。)

※試合展開によってはHP実数値が高い方が有利になる場合もあるためH抜け案は要検討、考察余地有り。

型のコンセプト

化の皮による行動保証に加えて気合の襷を持たせることで複数回行動することを目指した型。
特性『かたやぶり』の仕様上化けの皮を貫通した場合、皮が残るため1/8ダメージが発生しない。そのためドリュウズやオノノクス相手にも1ターン行動保証を確保することができる。

襷ドレパンミミッキュを採用する利点

一般的な命の珠ミミッキュは型破りドリュウズやオノノクスに対して行動を許されない展開が多いが気合の襷を盾にすることでそれらのポケモンに弱点技を叩き込むことが可能となる。

技構成と与ダメージ

かげうち威力:40
ダイホロウ威力:90

タイプ一致先制技。

行動保証と非常に相性の良い技のため確定技とする。

じゃれつく威力:90
ダイフェアリー威力:130

じゃれつく
仮想敵割合
B4 オノノクス87.4~103.3%(乱数1発)

ダイフェアリー
仮想敵割合
B4 オノノクス124.5~148.3%(確定1発)
B4 オノノクス(ダイマックス)62.2~74.1%(確定2発)

タイプ一致メインウェポンのため確定技とする。

つるぎのまい
ダイウォール

足りない火力の補強に加えて行動保証と非常に相性の良い積み技のため、準確定技。

ドレインパンチの回復量を増やすことができるためそれぞれの技や特性とのシナジーは非常に高いと言える。

ドレインパンチ威力:75
ダイナックル威力:90

ドレインパンチ
仮想敵割合
B4 ドリュウズ54~63.7%(確定2発)
H252 バンギラス61.8~73.4%(確定2発)
※HB特化 アーマーガア12.6~15.1%(乱数7発)
ダメージ26~31

本論の核となる技のため確定技とする。

ミミッキュが呼びやすい鋼タイプに対する打点にもなり、化けの皮ダメージを再生させる手段にもなる。

上記のようにスカーフではない限り、型破りドリュウズ相手にも対面で打ち勝つことが可能。

HP実数値130の場合は化けの皮のダメージを受けても最低32のダメージを与えればHP最大まで回復可能。

※蜻蛉サイクル中にHB特化アーマーガアにドレインパンチを受けられた場合、最低乱数でダメージが26しか入らないため、ドレインパンチの回復量が13になる。そのためアーマーガアに受けられることを前提とする場合HPラインを引き下げておくことでHP全回復に持って行きやすい。

受ダメージ

※襷を前提とした型のため、本論では受ダメージは計算しないものとする。

主な役割対象

バンギラス
ドリュウズ
キリキザン
オノノクス
ウオノラゴン
パッチラゴン
ブラッキー
※Gヒヒダルマ

※対面操作により有利不利が逆転する。

YouTube 実践動画

【天才的発想!?】襷ミミッキュおまえまだやれるのか? かたやぶりドリュウズ オノノクス 対面処理できる タスキドレパンミミッキュ 育成論

余談

ろうじん
ろうじん

使用感としてはメインウェポンであるシャドークローがなくなるため、命の珠型よりも対面性能はやや落ちる印象。

行動保証が2枚あるとは言え癖が強く扱い辛いですが見れる範囲がスタンダードな珠型と若干異なるため嵌れば強いと言った捉え方が適切かと思います。

メリットとしては型バレし辛いため、試合展開をコントロールしやすいという点は評価できるかと思います。

型破り持ちを襷で処理できた場合、HP1の状態で化の皮が残るというメリットもあるので扱い方によっては非常に強力。

HP調整に関してはマニアック過ぎるため深く考えなければ個体値31でも問題ありません。そもそも蜻蛉サイクル相手にミミッキュを選出すること自体が悪手になり勝ちなため、無視しても構いませんがごく稀に機能する場合もあります。

一癖も二癖もある型ですが中々ユニークな型なので一度使用してみてはいかがでしょうか。

※【重要】当ブログ内の記事全文をコピーペーストまたは改変して外部サイトに掲載する行為はお辞めください。確認次第こちらで相応の対応をとらせていただきます。
参考にして記事を投稿する場合は該当記事のURLに『引用符』を付けて掲載していただくようにお願いします。

オススメ関連記事

ポケモンブログほぼ毎日更新チュウ!
ろうじんのツイッター→@rouzinpoke

ソードシールドカテゴリの最新記事