【8世代版激流ゲッコウガ】 からぶりほけん アシレーヌ 育成論 ポケモン剣盾 ポケットモンスター ソード シールド

【8世代版激流ゲッコウガ】 からぶりほけん アシレーヌ 育成論 ポケモン剣盾 ポケットモンスター ソード シールド
からぶりほけんアシレーヌ 育成論
からぶりほけんアシレーヌ 育成論
ろうじん
ろうじん

こんにちは。ブログとYouTubeで活動しております。『ろうじん』と申します。

今回は8世代ならではと言える強力な型の『アシレーヌ』を紹介したいと思います。

育成概要

からぶりほけんアシレーヌ
からぶりほけんアシレーヌ
アシレーヌ
型名からぶりほけんアシレーヌ

技構成
うたう
みがわり
ムーンフォース
うたかたのアリア

持ち物からぶりほけん
特性げきりゅう
性格ひかえめ

H,B,C,D,S 全て個体値31とする。(A抜け推奨)

HP攻撃防御特攻特防素早さ
努力値0002524252
実数値15594195137※112

※空振り保険発動後の素早さ実数値は『224』。

型のコンセプト

アシレーヌに『からぶりほけん』と『うたう』を採用することで素早さを上昇させ、抜きエースとして使用することを目的とした型。

からぶりほけん型を採用する利点

『うたう』を採用することで不利対面の打開、または『からぶりほけん』によって素早さを上昇させることで一貫の取りやすい高火力水、フェアリー技を上から通す動きが可能となる。

特性『げきりゅう』と素早さ上昇による抜き性能の上昇。

技構成と与ダメージ

うたう威力:-
ダイウォール威力:-

本論の核となる技のため確定。

空振り保険と相性が良く、外れた場合でも素早さ上昇のトリガーとして機能する。

7世代の『Zさいみんじゅつ』のような扱い方が可能。

みがわり威力:-
ダイウォール威力:-

本論の中核にあたる技のため準確定。

特性『げきりゅう』と相性が非常に良く『うたう』によって眠らせた後、身代わりを残し、更には水技の威力上昇が期待できる。

持ち物、特性、技、それぞれが高いシナジーを生み出すため、過去作の激流ゲッコウガのような扱い方が可能となる。

その他、低速あくび持ちに対する牽制。

ムーンフォース威力:90
ダイフェアリー威力:130

タイプ一致メインウェポンのため確定。

威力、命中、追加効果、技の通り全て申し分がないため採用しない理由はない。

うたかたのアリア威力:90
ダイストリーム威力:130

タイプ一致メインウェポン。

威力を取る場合はハイドロカノンまたはハイドロポンプを採用。

選択技候補

ハイドロポンプ

命中と威力それぞれ『うたかたのアリア』と『ハイドロカノン』の中間となる水技。

ハイドロカノン

水技最大火力。

空振り保険発動後の抜き性能の上昇。
ダイマックスすることでデメリット無し、威力150技を連発することが可能。

めいそう

『うたう』で眠らせた後に積み技として使用する。
『うたう』が命中した場合は素早さが上昇しないため、C,D上昇とS上昇が噛み合う場面は少ない。

身代わりより優先度はやや低い。

主な役割対象

カバルドン
ドサイドン
サザンドラ
ドラパルト
ドリュウズ
ガオガエン
エースバーン
ウオノラゴン

YouTube 実践動画

カラオケ55点型 『アシレーヌ』が8世代の環境を震撼させる!!

余談

ろうじん
ろうじん

技、特性、持ち物、それぞれのシナジーが高く使用感が非常に良いです。

感覚としては過去作の激流ゲッコウガと催眠ゲンガーを足して2で割ったような性能でこの型のアシレーヌ1体で相手のパーティを半壊〜全壊まで持ち込むことが可能な状況も少なくありません。

素早さ上昇後のダイマックスアシレーヌの抜き性能が非常に高く、一貫しやすい高火力水/フェアリー技によって相手のパーティに大きく負荷をかけることが可能です。

※【重要】当ブログ内の記事全文をコピーペーストまたは改変して外部サイトに掲載する行為はお辞めください。確認次第こちらで相応の対応をとらせていただきます。
参考にして記事を投稿する場合は該当記事のURLに『引用符』を付けて掲載していただくようにお願いします。

ソードシールドカテゴリの最新記事