【剣盾S3最終日最高105位 最終171位】壁ロンゲ偽装 白翼氷柱 ウオノロンゲアマガ サイクル『ろうじんポケモン実況』

【剣盾S3最終日最高105位 最終171位】壁ロンゲ偽装 白翼氷柱 ウオノロンゲアマガ サイクル『ろうじんポケモン実況』
ろうじん
ろうじん

こんにちは。ブログとYouTubeで活動しております。『ろうじん』と申します。

S3お疲れ様です。
今シーズンは総合時間が20分に変更され、前期と異なる戦術が求められるシーズンとなりました。

最終171位 白翼氷柱 ウオノロンゲアマガ

白翼氷柱 ウオノロンゲアマガ サイクル
白翼氷柱 ウオノロンゲアマガ サイクル
最終日 最高105位
最終日 最高105位
最終順位171位
最終順位171位
(S3中盤 ウオノロンゲアマガ軸 20位到達)
(S3中盤 ウオノロンゲアマガ軸 20位到達)
最終レート 2080
最終レート 2080

構築経緯

前期使用構築の『ウオノロンゲアマガ』を軸とした攻めサイクルを引き続き使用することにした。

サイクルの軸となる『ウオノラゴン』、『パッチラゴン』、『オーロンゲ』、『アーマーガア』の4体は崩さずに引き続き使用。

前期では『サイクル』が苦手とする『積み』展開をストップさせる目的で『ギルガルド』と『ホルード』を『対面駒』として使用していたが、本構築ではこの枠を『パルシェン』と『トゲキッス』に変更している。

構築の型としては『サイクル+対面』の主に2パターンの選出を作れる複合的な構築となっている。

各個体紹介

スカーフまもるウオノラゴン

技構成
まもる
げきりん
エラがみ
ストーンエッジ

持ち物こだわりスカーフ
特性がんじょうあご
性格ようき
役割サイクル駒/物理AT/スイーパー

選出率3位

HP攻撃防御特攻特防素早さ
努力値0252004252
実数値165142120101139

Dに+4振るだけでC特化トゲキッスのダイジェットを確定で耐えるため余り4はDに振ることを推奨。(83.6~98.7%)

3期連続で使用している『まもる』採用型ウオノラゴン。

まもるを採用することでダイマックスターンや天候、フィールドターンのコントロールが可能なため想像以上に守るを使用する機会は多い。

徐々に増えて来ている『すなかき ドリュウズ』のダイマックスターンと砂ターンを裏のアーマーガアと共に調整し、ドリュウズを突破する試合展開が複数回あった。

中盤で一時期カウンター/あくびカビゴンを絶対に倒せて且つサザンドラに抗える『みがわりハバン型』を使用していたがそれ以上にトゲキッスへの牽制を重視してスカーフを採用。

現環境のトゲキッスはほぼ『ひかえめ』が多く最速を取っていないため、1ダイジェットを積まれた場合でもトゲキッスの上からエラがみが通りやすい。そのため最速スカーフが機能する試合展開は多い。

稀にウオノラゴン対面でダイジェットを押してくる控えめラムトゲキッスに対してスカーフエラがみ2回で対面処理する化け物。
あらゆる対面で甘えた選択をさせないのがこのポケモンの最大の強みだと言える。

この個体に関しては以下の育成論を参照。

ASラムパッチラゴン

技構成
でんげきくちばし
つばめがえし
げきりん
ほのおのキバ

持ち物ラムのみ
特性はりきり
性格ようき
役割サイクル駒/ダイマックスAT/受け崩し

選出率4位

HP攻撃防御特攻特防素早さ
努力値0252004252
実数値16516711091139

前期ではミミッキュやトゲキッスに対して行動保証を持たせるため、『ロゼルのみ』を採用していたが今期ではサイクルを強く意識した『ラムのみ』を採用している。

環境に蔓延していたカビゴンのあくびを切ることが可能。
また、ラムのみが無い場合でもダイサンダーでエレキフィールドを展開すれば催眠対策が可能なため、比較的あくび持ちカビゴンには強気に立ち回れる。

カセキメラを軸とした構築は物理アタッカー主体となるため、鬼火の一貫を切る目的でもラムのみが上手く機能する。ロトムへの後投げが安定し、対面で鬼火を打ってくるロトムに対して明確なアドバンテージが得られる。

余談

はりきり過ぎて3桁前半から一時5桁へ落ちるというありえない自体に陥るも何だかんだで構築から外す気が起きなかった一体。良くも悪くも戦況を劇的に変化させるポケモン。

(ロトムとアーマーガアに何度も負けました( ;∀;))

S3の環境にかなり適応できていたポケモンだと個人的に感じています。

耐久調整リリバオーロンゲ

技構成
でんじは
ふいうち
かわらわり
ソウルクラッシュ

持ち物リリバのみ
特性いたずらごころ
性格いじっぱり
役割サイクル駒/物理AT(ダイマックスAT)/ストッパー

選出率1位

HP攻撃防御特攻特防素早さ
努力値164244280468
実数値191188899689

3期連続使用している『リリバのみ』採用オーロンゲ。

カセキメラと相性が良く、電磁波を絡めてエラがみやでんげきくちばしを上から通す流れが非常に強力。

こうこうのしっぽ型も使用したがトリックを使わない限り必ず後攻になる点、技範囲の縮小と対面性能が著しく低下するというデメリットがあまりにも大きかったため不採用となった。

素早さに軽く努力値を割くことでニンフィア等の同速60族相手に対してもソウルクラッシュ込みで打ち合いが可能となる。

中盤以降で壁ピクシーが増加していたため、格闘打点に『かわらわり』を採用。

S3で激増していたサザンガルドカバに対する明確な回答。

ダイアークでギルガルドを崩し、ダイフェアリーでカバルドンのあくび展開を切ることが可能。ダイナックルでAを上げれば不意打ちの範囲も馬鹿にならない。

有利対面で交代先に電磁波を入れ、ダイフェアリーのミストフィールドで自身やカセキメラの状態異常を管理する動きが可能。後述するパルシェンと対面選出した際に鬼火をケアする動きが非常に強力。

トゲキッスとパルシェンが構築内に存在しているため、壁オーロンゲと誤認させることも可能。

(壁ロンゲならぬ壁破壊ロンゲ)

余談

新たにダイマックスアタッカーとしてオーロンゲを使用する案はYouTubeの生配信中に思いつきました。A種族値が高く、サザンガルドカバを1体で崩壊させるだけのスペックがありますのでサザンガルドに悩まされている方は一度オーロンゲにダイマックスを切るという選択肢を取って見てはいかがでしょうか。

ロトムやアーマーガアに負けるパッチさんと真逆で圧倒的不利対面のミミッキュを何体も対面処理した化け物。じゃれつくを半強制的に打たせることができるため、電磁波麻痺25%/じゃれつく外し10%を潜り抜けなければなりません。

また、ミミッキュ側は基本的に電磁波、こうこうのしっぽが警戒されるため、オーロンゲの前でダイマックスを切って来れないという点からもオーロンゲがミミッキュを対面処理できる可能性がそこまで低くありません。そのため、意外にミミッキュ対面も不利ではないと感じています。

HBアッキミミッキュのじゃれつくは基本的に耐えるため最悪不利対面を取った場合でも電磁波で素早さ関係を逆転させる、不意打ちで皮だけでも剥がす等の誤魔化しが可能。

型バレしているのかリリバのみが見えた瞬間にドリュウズを引く動きが最終日に目立ちました。

この個体に関しては以下の育成論を参照。

S3最終日 リリバオーロンゲ活躍試合

HASアーマーガア

技構成
ちょうはつ
はねやすめ
ビルドアップ
ブレイブバード

持ち物するどいくちばし
特性ミラーアーマー
性格いじっぱり
役割サイクル駒/ダイマックスAT

選出率2位

HP攻撃防御特攻特防素早さ
努力値140172000196
実数値191141125106112

3期連続使用するアタッカーアーマーガア。

鉄壁ボディプレスやタラプHDなども使用したがパーティ全体のパワーが落ちるため、この型が最も構築に馴染んでいると感じた。

カセキメラでロトムに穴を空け、押し切れる状態にまで持っていく動きが理想。
かたやぶりドリュウズの岩石封じ以外は基本的に能力が下がらないため、個人的に抜きエースとして評価している。

挑発が主にアーマーガアミラーに対してしか機能していなかったため、要検討。
相手のアーマーガアに対してはパッチラゴンの後投げが比較的安定するため、わざわざミラー戦に持ち込む必要もないのではとも考えたが最終的に技は変更せずにこの技構成に落ち着いた。

S3最終日 HASアーマーガア活躍試合

襷パルシェン

技構成
からをやぶる
つららばり
ロックブラスト
こおりのつぶて

持ち物きあいのタスキ
特性スキルリンク
性格いじっぱり
役割対面駒/物理AT/ストッパー

選出率5位

HP攻撃防御特攻特防素早さ
努力値0252400252
実数値12516120166122

襷ストッパー、対面駒として最もスタンダードなパルシェンを採用。

採用理由は前期で使用していた『襷ホルード』を非ダイマックスで使用する場合岩石封じを採用しない限りはミミッキュに対して不利を取ってしまう点がややネックだと感じたため、ダイマックス無しでミミッキュに打ち勝てる対面駒として襷パルシェンを採用。

同時にギャラドスにもそれなりに相手が可能なため、役割としては前期の襷ホルードと同じと考えて貰って問題ない。

ダイマックスオーロンゲと相性が良く、パルシェンが止まりやすいギルガルドをオーロンゲで崩して裏のパルシェンでeasy-winする流れが理想。ダイフェアリーでミストフィールドを展開すれば電磁波や鬼火を入れらないため、それなりに高いシナジーが期待できる。

壁ロンゲキッスパルの並びを強く意識させることができるため、初手ダイマックスオーロンゲが通りやすくなった一因だと言える。

珠トゲキッス

技構成
くさむすび
エアスラッシュ
かえんほうしゃ
マジカルシャイン

持ち物いのちのたま
特性てんのめぐみ
性格ひかえめ
役割対面駒/ダイマックスAT/受け崩し

選出率6位

HP攻撃防御特攻特防素早さ
努力値148042524100
実数値179116189136113

1ダイジェット最速100族抜き抜き、余りHP。

鬼火にやや一貫気味なカセキメラサイクルにパワーがあり且つ、ドラゴンの一貫を切れる特殊アタッカーが欲しいと感じたためトゲキッスを採用。

主に鬼火ドラパルト絡みの受けサイクルを崩す目的で使用する。
ヌオー、トリドトン、水ロトム等に対する打点として草結びを採用した比較的流行りのトゲキッスを捻りなくそのまま使用した。

受けサイクル以外に選出する場合は初手にトゲキッスを投げ、先行逃げ切りダイマックス枠として使用。

余談

パッチラゴンや珠砂掻きドリュウズが頻繁に現れ始めたため、ダイマックスしても即落ちしてしまう試合展開が少なからず存在します。
使用練度が未熟なこともあってかあまり強いと感じなかったポケモンで選出率はかなり低め。

S3最終日 珠トゲキッス活躍試合

選出パターン

ウオノロンゲアーマーガア(基本攻めサイクル1)

パチロンガア(基本攻めサイクル2)

ロンゲパチパル(対面選出1)

ロンゲパルガア(対面選出2)

YouTube 構築紹介動画

【S3】お疲れ様でした的な動画 構築紹介
S3最終日最高の瞬間 (最後実写動画)

関連動画

S3中盤 20位 ウオノロンゲアマガ軸
S3中盤 強者への挑戦 part6 20位到達 生配信
攻めサイクルの組み方・立ち回り オススメポケモン15選
S3 ウオノロンゲアマガ使用 勝率100%マスターボール級まで無敗配信

余談

ろうじん
ろうじん

3期連続で考察して来た『カセキメラサイクル』ですが最終2桁の壁を打ち破ることができず自身の力量不足を痛感しています。

一時的ではありますが20位に到達できているのでこの並び自体には可能性を感じています。一方で来期から『キョダイマックス ラプラス』が解禁されるため、カセキメラ自体の通りが非常に厳しいものとなることが予測できます。

(カセキちゃん冷凍保存しないで…( ;∀;))

そのため来期からは構築の軸を大きく変える必要がありそうです。

次回こそ目指せ最終2桁!!

追記:2020/03/06

順位詐称の件で色々と界隈が荒れているため、疑われることを防ぐために実写動画といくつか最終日の対戦動画も追加しました。
『動画付き構築記事最強説』を提唱したい。

オススメ関連記事

ソードシールドカテゴリの最新記事